3級、2級、1級の違いを教えてください。

3級→2級→1級と、「だし」を知って「料理」「メニュー開発」「商品開発」など、より実践的な場で活用できるような内容となっております。
3級~1級までを一つの流れとしておりますので、可能な方はぜひまとめての受講をおすすめいたします。

◎3級は4時間(試験時間含む)で、テイスティング9種類を通してだしソムリエとしての基礎を楽しく学びます。
「だしソムリエ3級」

◎2級は土日二日間で3級講座をさらに深くした内容です。だしのテイスティングは30種類近く、
築地などで働くプロによる臨場感あふれる講義を行います。日本の乾物だし素材(昆布、かつお節、煮干し、乾しいたけ)を中心に、
うまみや郷土料理について学びます。東京と大阪で開催。試験にはその場で料理のレシピを考えてもらうものもあります。
(細かい分量ではなくだしと料理のセンスを問う内容です)。
「だしソムリエ2級」

◎1級は土日二日間で、だしを知ったうえで「料理」に生かせるセンスを養います。
日本料理・西洋料理・中国料理のプロの料理人による「だしと料理」の講座、日本人の食生活の変遷、調味料とだしの関係などを学びます。
試験には自宅で料理をしていただきリポートを出していただくものもあります。
「だしソムリエ1級」