受講生の声

【3級】受講者の声

【だしソムリエ3級】中川牧子さん(料理教室講師)

中川牧子さん

受講理由
子供の頃から毎日食べていた味噌汁は煮干しのだし、蕎麦やうどんのつゆも煮干しのだしでした。初めて讃岐うどんを食べた時、つゆの色、香り、味に驚きその美味しさに感動しました。何が違うのか?だしに興味を持ったきっかけでした。
受講オススメポイント
だしの種類を知り、自分の目、舌、鼻で体感して、だしと向き合う初体験。好みがわかり、あんな食材と合わせてみたいな~とイメージも膨らみます。選び方や保存方法も分かりやすく教えて頂きました。
今後にどう生かす予定ですか?
だしの基本を知ることで、料理のレシピ制作にはとても役立っています。離乳食から介護食までだしをフルに活用したいと思います。

【2級】受講者の声

【だしソムリエ2級】安藤佳子さん(社会福祉施設の栄養士)

安藤佳子

受講理由
だしのとり方や料理への生かし方だけでなく、文化的な背景にも興味があり、日本のだし文化、世界のだし文化をもっと知りたく思い受講しました。
受講オススメポイント
だしの種類や使い方以外にも、昆布、かつお節やその他の節、乾しいたけ、煮干し等のプロから話が聞けて、料理や使い方を含めて、一層だしに対して興味が湧きますよ!食や文化含めて、世界観が広がりワクワクします。
今後にどう生かす予定ですか?
今の活動に加えて、こども食堂にて、だしのテイスティングやだしの取り方などを実演してだしを広めていきたいです。

【だしソムリエ2級】井上諭史さん(会社員、唎酒師)

井上諭史子

受講理由
なんといっても、第一線で働くだし素材メーカーの方から直接講義を受講できること。普段は手にすることがむつかしいだし素材を、実際に手にとってみられること。
受講オススメポイント
実際に商品を扱うメーカー担当者の方からいろんなお話、裏話を含めて、聞けること。3級の知識をより深められ、実際の生活でも役立てられる自信ができます。
今後にどう生かす予定ですか?
まだ、未定ですが、だしを通じて何かビジネスが出来ればと思っています。

【だしソムリエ2級】加藤直子さん(専業主婦)

加藤直子

受講理由
将来我が子に料理を教えるときに、だしの取り方を伝えられる母親になりたかったので。だしについて専門的に講座を開催しているところに惹かれて、受講を決めました。
受講オススメポイント
想像以上にだしの試飲をすることが多く、飲み比べられたことが特に良かった。普段は「だしだけ」で飲むこともあまりないのでとても感動しました!
今後にどう生かす予定ですか?
毎年おせち料理を作るのでそれは勿論、普段の食事からも天然だしをできるだけ利用し、母の味を確立し、家族の健康を守っていきたいですね。

【だしソムリエ2級】神田ひかりさん(さかな屋の嫁、離乳食講師)

神田ひかり

受講理由
妊娠中の体重管理や食事指導の中で産院の先生に「なかなか食事の量は減らせないけど、おだしを使えば調味料は減らせるよ」と言われ、昆布やかつお節などからつくる「本物のおだし」の生活を始めました。見よう見真似で自己流で始めましたが、言われた通り!今までよりも調味料は少なくなり、それでいて料理が驚くほど美味しくなったのが衝撃的でした。その後長男を出産し初めての離乳食に取り組む際にも「赤ちゃんにとっておだしを活用した離乳食が重要!」という事を知り「また、ここでもお出汁か!」と驚いたのを覚えています。そこで初めて、おだしについてもっと学びたい!と思いました。離乳食教える資格を取得するのと同時に、だしソムリエ協会の3級講座が名古屋で開催されているという事を知り、迷うことなく申込みました!
受講オススメポイント
3級講座では昆布やかつお節の種類や特徴を座学で学び、「利きだし」ならぬ、だしの注がれたクリアカップが目に前にたくさん並べられ、とにかくたくさんのだしを試飲するという体験が盛り込まれています。それにより、顆粒だしや、だしパックで作るおだしと素材から作るおだしの違いに気づけ、それ以降私は昆布やかつお節などから作るおだしを「本物のおだし」と思うようになりました。【頭で知識を学び+五感を使って体験する】という構成が最大の特徴です。一度にたくさんのだしを飲み比べるという機会はとても貴重です。

【だしソムリエ2級】角谷亮さん(嘉永年間創業 手打ちそばと乾物の店すみげん)

角谷亮

受講理由
元々北前船の関係から、昆布をはじめとするだし素材や珍味などを江戸の末期より取り扱ってきました。そういった日本ならではの食の文化やだしの文化を後の世代にいかに伝えていけるか、広げていけるか、発信していけるのか?を考えていた際に、「だしソムリエ」というものを知り、自身の発信に説得力を付けられればという思い、そして「だし」に対する知識を深めたいと思い受講を決めました。
受講オススメポイント
「多種多様なだし素材に触れることができ、またその地域ならではのだし文化の歴史やルーツといった深い部分(ある意味マニアックな部分)まで学べます。だしをいかにして普段の生活に取り入れるか、その知識を今の自分にどう活かしていけるのか? を楽しみながら考えられる講座になっていると思います。
今後にどう生かす予定ですか?
まずは乾物屋として、地域の皆さんに「だし」を身近に感じてもらえるような取り組みをやっていきたいと思っています。すでに地域の料理人や学校、役所などと連携し、離乳食に活かせるだし講座や家庭科での授業を通した食育に動いております。また、多くの方に弊社の扱っているだし素材を体験してもらうべく、手打ち蕎麦の提供も始めました。多くの方に「だし」を使った食文化を体験してもらい、知ってもらうことで興味を持ってもらえたらなと思っています。

【だしソムリエ2級】築茂美恵子さん(グルメライター、酒匠(日本酒と焼酎のソムリエ))

築茂美恵子

受講理由
料理店を営んできた経験から、以前よりだしは興味があって大好きです。もっと詳しく知って、料理を作るときに役立てたいと思い受講しました。
受講オススメポイント
「うま味」の意味がわかり、必要性も学べます。だしの素材に詳しくなり、使い分けができるようになります。だしのブレンドができ、料理の幅が広がります。
今後にどう生かす予定ですか?
受講前よりもさらに、だしが好きになりました。おなじメニューを、シーンによってだしの使い分けをしたいです。だしを自由自在に扱えるだしソムリエになると同時にだしの良さを多くの人たちに伝えていきたいです。

【だしソムリエ2級】中村かなさん(料理講師)

中村かな

受講理由
家庭料理を越えたプロからの知識習得、向上の為、受講志願しました。
受講オススメポイント
基本事項を習った家庭的な3級から、普段聞けないプロの見解に触れることが出来きた2級。座学や実習、試飲も一気にレベルアップを目の当たりにし五感を揺さぶられた貴重な時間を過ごして参りました。自己満足や家庭を抜け出たプロからの知識伝授があるのはこの2級の魅力ですね!とても楽しかったです、ありがとうございました。
今後にどう生かす予定ですか?
家庭でももちろん、料理講師としても、さっそくだしやうまみについてのお仕事もオファー頂きました。公私ともに生活に取り入れて家族や、生徒様にうまみの大切さを伝えていきたいと思います。

【だしソムリエ2級】馬塲由紀子さん(割烹 田季野)

馬塲由紀子

受講理由
割烹料理店として、だしとり料理をすることは日常ですが、だしの基本の見直しがしたくて、受講しました。
受講オススメポイント
少人数制でわかりやすい講義です。だしのテイスティングも25種類以上と多く、仕事でもプライベートでも、毎日の食生活に変化のある料理や献立に役立つと思います。
今後にどう生かす予定ですか?
食生活や習慣の見直し、未病からの食事を外食産業も心得て提供していきたいです。そして、できるだけ、自然な素材からの栄養摂取を基本に伝えていきたいです。
割烹 田季野 http://www.takino.jp/

【だしソムリエ2級】藤本崇人さん(理研ビタミン株式会社、家庭用食品営業チーム)

藤本崇人

受講理由
当社では「素材力だし」という商品を製造・販売しています。商品知識だけでは、お客様に商品の良さを伝えることができず、だし全体を理解することが必要だと思い受講しました。
受講オススメポイント
老舗乾物メーカーの方から直接講義を受講できることです。また資格を取得したことでセールストークにも自信がつきお客様にも信頼してもらえるようになりました。
今後にどう生かす予定ですか?
得意先などでだしの勉強会を開催していきます。だしの知識はTVや雑誌など、色々な情報がありますがだしの基本を学べるのはだしソムリエの講義だと思います。味のベース(基本)であるだしの知識も基本が大切です。

【だしソムリエ2級】ほりまいむつこさん(料理教室cookingclassHORI-MY 主宰)

ほりまいむつこ

受講理由
食と健康を伝える仕事がしたいと思い、料理教室開業を受講翌月に控えておりました!「だしと健康」について伝えられる2級は魅力的と感じたからです。
受講オススメポイント
プロフェッショナルな講師陣の生の声が聞けること!普段はあまり手にしないような、高級ないろんなだしに触れられること!
今後にどう生かす予定ですか?
だしを活かした料理教室の継続と、企業さんなどでのセミナーなどで、だしを身近に感じてもらう活動に繋げたいです!

【1級】受講者の声

【だしソムリエ1級】麻生怜菜さん(精進料理研究家)

麻生怜菜

受講理由
精進料理を中心に、料理教室を主宰しています。また、全国の料理教室の情報発信の団体も運営しているため、さらに食の知識を深めたかったからです。
受講オススメポイント
だしを切り口に食全般の講義を受けられたこと。料理教室は数多くあれど、なかなかだしを主役にお話伺うことがなかったので、とても面白かったです。
今後にどう生かす予定ですか?
自宅で精進料理教室を開催しているので、昆布や乾しいたけからの出汁の取り方など、より丁寧に考えるようになりました。これからも、講座などに生かしていきたいです。

【だしソムリエ1級】小田切勇治さん(協同組合青森総合卸センター・業務部長 あおもりだしStyle副会長兼事務局長)

小田切勇治

受講理由
2014年11月に青森市で開催されただしソムリエ3級検定の受講をきっかけに、青森県内で仲間と「だし活」するようになりました。イベント等の参加者から「だしを使った料理」について聞かれることも多く、しっかりと勉強したくてだしソムリエ1級検定を受講しようと思いました。
受講オススメポイント
料理教室はたくさんありますが、だしと料理に特化した講座はここだけだと思います。講師の方は現役のシェフの方ばかりで、みなさん面白くユーモアたっぷり!もちろん知識も豊富で、だしのとり方から料理方法までしっかりレクチャーしてくれます(^o^)
今後にどう生かす予定ですか?
人生の楽しみの一つは美味しいものを食べること。美味しい和食をたくさんの人に楽しんでもらえるよう、和食の基本である「だし」を気軽に使ってもらえるような活動を、あおもりだしStyleの仲間と一緒に続けて行きたいと思います!

【だしソムリエ1級】大内康勢さん(都城市役所高崎総合支所産業建設課)

大内康勢

受講理由
だし関連商品の開発&だし全般の知識習得のためです。
受講オススメポイント
だしのテイスティングのほかに、各国の料理、食文化や歴史も興味深く、幅広い知識が習得できます。3級、2級よりも更に細かくかつ詳しく勉強できて楽しいです。また、実際にシェフの実演を見られるのもとても貴重で、生の声を聴くことは本当に勉強になりますよ。
今後にどう生かす予定ですか?
県内、市内のメーカーを通じて、だし関連商品の開発に活かす予定です。

【だしソムリエ1級】川島章良さん(はんにゃ/吉本興業所属)

川島章良

受講理由
祖父母が料理屋を営んでおり、おいしいものが好きで、昔からだしは身近で興味がありました。また資格マニアでもあるのでぜひ受講してみたいと思いました。
受講オススメポイント
和だしだけではなく、フランス料理、中国料理など幅広くあるだしと食文化を知れること。試食もたっぷりあり楽しめます。
今後にどう生かす予定ですか?
YouTubeで「かわだしクッキング」という料理チャンネルをやっています。だしも含めて、たくさんの人に料理の楽しさを伝えていきたいです。

https://www.youtube.com/channel/UCoLAYd3nQ9KPwoUiQXul18g

【だしソムリエ1級】千田安江さん(みそ汁PR大使、おから味噌インストラクター、豆腐マイスター、食育豆腐インストラクター)

千田安江

受講理由
食と料理の専門家の方による講義とデモンストレーションをぜひ受けたかったからです。
受講オススメポイント
それぞれの講義は、メディアでもご活躍の、第一線で活躍する料理人の先生方が教えてくださいます。
先生によるデモンストレーションを間近で見られ衝撃を受けました(笑)。今でも手さばきを覚えています。こんなに丁寧に、こんなに手間をかけているんだと感動しました。中華だしはまるでマジックを見ているかのような場面もありました。だしソムリエ1級を取得すると、食生活がより一層豊かになることと思います。ここで得た知識を今度はあなたが、次の誰かに教えることになるかも知れません。伝えていきたいと思ったので、私も講座を開いています。一歩進んだ1級をオススメいたします。
今後にどう生かす予定ですか?
まずは、家族や周りの人達に丁寧に引いただしの魅力をじわじわと料理を作り舌で感じてもらいたいです。みそ汁のひとつでも、あれ、今日のみそ汁いつもと違って美味しいーー!っておかわりしてくれます。私の住んでいる北海道は昆布の産地!誇りを持って地元の私達がもっと活用して、上手に付き合っていきたいという強い気持ちです。また、それを次の世代に伝えていきたい。知らない人にいいことを知らせたいです。

【だしソムリエ1級】中原晋司さん

中原晋司

受講理由
だしに関する幅広い知識を得ると同時に、だしに興味のある方との交流をさせていただきたかったため。
受講オススメポイント
だし素材の知識だけでなく、食文化の歴史や世界各国料理への応用など幅広く学ぶことができます。
今後にどう生かす予定ですか?
だし教室や商品開発など、知り合った方々との交流も含め、自身の仕事に多く活用していきたいです。